土砂災害等防災訓練

宇和島市では、市民の防災意識の向上を図ることを目的として、6月2日(日)に全市を対象として土砂災害等防災訓練が行われ、ケアハウスの入居者・職員も訓練に参加しました。
今回の訓練では豪雨により施設の側を流れる須賀川が氾濫するおそれがあるとの想定で実施。
8:40に防災ラジオやテレビ・プッシュ通知等で「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されると、自主防災組織担当の入居者と職員が一緒になり、2階の利用者を3階へ垂直避難誘導を行いました。
普段からの訓練の賜物か、大きな問題もなく10分もかからないうちに避難を無事に終えていました。
この訓練の様子について愛媛新聞、宇和島ケーブルテレビ、愛媛朝日放送の3社の取材を受け報道をされました。

2019年06月05日